ADHD風味な人が起業したり自営業をやる際に気を付けたいこと

この記事は最終更新から1年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。
元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

ADHD持ってる人が起業できるのか、という質問をよくいただきます。

起業なんて、誰でもできるんですよ。

ADHD持ちでもカンタンにできるんですね。

むしろADHDがあるから、思い付き行動がザクザクできるわけでしてね。

普通の人って、このはじめの一歩ですら行動できません。

行動しない人は起業家向きじゃないのです。

なのでADHDの行動的なところを指して、起業家向きと言われるのです。

ですが・・・。

ADHDな人は運営はまったくできません。

起業したとしても、運営には携わってはいけないんですね。

ADHDな人は、コツコツ地道な作業はまったくできないので、

これは絶対的に、定型発達の方に委託するしかありません。

ADHDな人が運営まで携わったら…。

絶対的に大きな失敗をやらかします。

スポンサードリンク

例えばですけど、

・納品遅れは当たり前

・支払いも遅れる

・遅刻な日常茶飯事、予定変更もしょっちゅう

・気まぐれで起業

・気まぐれで休業

・気まぐれで閉鎖

・お客さんが予約したいのに「なんで電話して来るんだーー!」とキレる

・スタッフともトラブル三昧 キレる、暴言、気まぐれクビを宣告

・売上もありうまくいってるのに自ら破滅行動を取り無一文

…etc.

やらかすのです。

あー、こわこわ。

こんなオーナーに出会ったらイヤやわー。

(半分以上私のことですけど私^^;;)

まー、ADHDな人はコツコツやるってことはまずできません。

コツコツやるっていうのは、定型発達の人が得意とするところです。

なのでおとなしく外部に委託した方がよいんですね。

ADHDな人が得意なのは、起業の場面で言うと、

・はじめの立ち上げ時

・運営中トラブった時の対処

・最後の最後って時の対処

このあたりが得意で好きなのです。

それ以外はまったくダメと思った方がいいですね。

何とかやろうと思ってもムリです。

もう立ち上げて安定感が出てしまったら、一気にトーンダウンして放置ですよ。

時には破壊破滅行動もとります。

利益出てようと億の売り上げがあろうと、関係ありません。

身の破滅までいかないと気付かないのです。

ですが、自分の得意不得意を知ればADHDでも起業が出来ますよ。

「人が出来ないことが出来る」

これが強みですから、気にせずあなたも起業すればよいのです!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする