介護業界には発達障害者が多く働いてるよ!クローズでも問題ない理由とは

この記事は最終更新から1年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。
元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

こんにちは。エムです。

以前私も介護施設でバイトしてたことがあります。

単発ナースってやつですね。

派遣登録あちこちしてたので、うつ病み上がりの時は、働きに行っていたのです。

単発ナースですので、あちこちの施設に行くのです。

それはもう本当にあちこち行きましたね。^^

そこで思ったのですが、発達障害ある介護士さんやヘルパーさんって、結構働いているのです。

アスペルガー、ASD、ADHD、学習障害。いろんな方いらっしゃいましたよ。

・オープンで働いてる人
・クローズで働いてる人

ときどき、発達障害をオープンにして働くか、クローズで働くか。

どちらかで悩んでる方いらっしゃいます。

個人的には、クローズで働いてても、通用するところと思いました。

なんせ人手不足です。猫の手も借りたいほど人手不足です。

よほどの高級施設等にいかなければ、だいじょうぶです。笑

採用されます。

こう言っちゃぁなんですがね。

介護業界は結構いわくつき、変わってる人、どこかの会社で退職したとか、クビになったなどなどの人が、多く働いてます。

変わってる人が多い業界なので、自己フォローさえできれば、クローズで就労しても通用しちゃったりするのです。

自己フォローっていうのは、ミスが分かった時に、自分でミスをフォローをするという意味です。

簡単な例で言うと、ごみ捨てるの忘れたら、時間差で捨てに行くとか。

ペンをベットの上に置き忘れたら、後から取りに行くっていう感じのフォローです。

寝たきりの人のベットの上に、ペンが入り込んだら、背部で圧迫されてしまい、皮膚傷つけちゃいますよね。

たかがペンの忘れ物ですけど、その些細な配慮も高齢者ケアには必要なのです。

なのでミスを気がついたらすぐ自己フォローしてください。

ミスを回収するスキルがあれば、コミュニケーションが取れなくても、お仕事はできるのです。

でも実際問題、自己フォローできなくても働ける場所ではありますけどね。

見た感じみんな自己フォローなんてできてません。笑

トラブルが発生してから、「知りません、気づきませんでした、私じゃないです」などなど、自己保身のフォローをし始める人もいますけど。

裏は取れてるんだぜぃ~って感じのことも多いです。

問い詰めても知りませんの一点張り。

そんなミスばっかりしても、通用してしまうのが、現状の介護業界なのです。

あー、こわこわだけど、人手不足がそうさせてしまうのです。

※もちろん、ちゃんと運営してる介護施設の方が多いです。ただね・・・。あまりに人手が足りなさすぎる・・・。これは発達障害とか健常者とか超えて、みんな気がおかしくなるのは時間の問題です、とも私は思ってます。

それに発達障害をオープンにしたら、障害者枠ってことで、お給料も下がっちゃうでしょ。

オープンにしたところで、的確なサポートがもらえるかと言ったら、

絶対的にNOです。

誰もフォローなんてしてくれませんよ。

介護業界は、何度も言う通り、慢性人手不足なところです。

施設によっては、本当にアップアップで、みんな自分の業務で精一杯です。

なので質問をしても、「そんなの前教えたでしょ。自分で考えてよ!自分でやってよ!」っなんて言われるのがオチです。

なので障害の程度にもよりますけど、クローズでも通用するのです。

スポンサーリンク

ナースたちは結構容赦ない?かもね

ナースたちは結構陰で、あの人は学習障害、この人はADHD、あの人は認知症などなど、勝手にラベリングする人いましたね。

あながち外れてはいないなぁという感じです。

・もじもじして会話自体できない

・意味を的確にとらえることができない

・声掛けしてもうんともはいとも答えない

・質問をしても的外れな答えが返ってくる

・字が読めない、書けない・・

・1分後には言われたこと忘れてる

・ロッカーの壁に向かって一人でごにょごにょしゃべり出す

・突然大声を出して怒鳴り始める

…etc.

ある意味動物園状態だった施設もありますね。笑

有名な大手の介護施設ですよ。

介護スタッフ全員、発達障害者じゃないかと思ったこともあります。

それくらい動物園状態だったのです。

あれ、表現悪いですね。ごめんなさい。

私も似たようなものを持っていて、ある意味仲間です。

こんな表現しかできないのです、本当にごめんなさいですね。

まぁ気にしないでください。

ですがナースたちもある意味なれてます。

発達障害な人がいたとしても、自然と個別に対応を変えるのです。

それはそれ、これはこれで、お仕事されてるのです。

ナースッてスゲーなぁ!って思いましたね。

私もナースでしたが、腰かけナースなので、ちょっと他人ごと?です。

単発のバイトですし、嫌ならすぐ他移ればいいというスタンスです。

なので内情がどうなってもしらんぷりという、最悪ナースだったのです。

自分の業務だけ淡々とこなし・・・。

介護施設での介護士さんの主なお仕事

カンタンに書きますけど。。

介護施設のお仕事は、人のお世話が基本です。

・朝昼晩の食事の準備←介護士さんが作る施設もあるが調理師さんがいるところが多い

・食事の配膳、下膳、食事介助

・薬介助←本来はナースのおしごとですが施設では介護士さんが飲ませてるところもある

・受診の同行←外の病院に通院する際付き添うことも

・歯のケア

・トイレ介助・誘導

・おむつ交換1日5回~10回←人による

・処置ある人は処置の補助(処置はナースのおしごと)

・入浴介助

・室内の環境整備←掃除係がいれば介護士さんはやらない

・レクリエーション

主なお仕事はこんな感じです。

他にも、洗濯してたり、外出同行施設もありますね。

もう何でも屋さん状態です。

大変ですよ。

でも、まともなコミュニケーションができなくても、相手も認知症が入ってたりします。

コミュニケーションスキルが低くても、なんとかやり過ごすこともできるのです。

むしろそのような場所で、コミュニケーションのレッスンをするのもありかなぁと、ふと思いましたね。

私もうつ病時代、社会復帰するために、介護施設でナースとして働いたのですが、

相手が老人やら認知症が多い環境でしたので、かなり気が楽でした。

(適当でいいという意味ではないよー)

これが通常の病院であれば、復帰できてなかったなぁと思うのです。

逆に病院でたたかれて余計ダウンするってね。そんな嫌な未来を想像してしまいます。

なので適材適所ってあるんですねーーと思ったのです。

ミスの自己フォローができない場合は?

先ほど、発達障害あっても、自己フォローができればクローズで就労OKと書きました。

実際は、自己フォローできない発達障害な人も結構いらっしゃるんですよ。

認識してるんだかしてないんだかでね。

でも、別に、自己フォローができなくても、介護業界にいたければ、働けばよいのです。笑

主任や施設側から何か指摘等があれば、その都度対応すればよいのです。

・がんばります

・工夫します

・気を付けます

・少しずつ改善します

…etc.

なんとでも言ってしがみつくのです。

だって、他に行くところないでしょう。

現状、発達障害持ちの就労って困難ですよ。

なのでしがみつくというのもありなのです。

自己フォローできない介護士なんていっぱいいますから。

でも、その場合、ナースやら主任介護士やらも把握してたりするのです。

「今日の夜勤は、(学習障害の)〇〇くんなので伝え方などに気を付けようか」

「今日の担当は(ADHDの)〇〇さんなので、大きな張り紙にやってほしいこと書いて渡そうか」

などなど、陰でフォローというか、気を付けるというかね。

皆さん無意識のうちに、相手にあわせた対応はしてるのです。

さすが介護業界~ですよ!

それなりに周りもフォローしてるので、何とかなるのです。

※すべての施設ではありません。ナースたちや経営者、介護士たち全体の資質にもよります。

確かに、発達障害あることで、周りに迷惑をかけてるかもしれません。

でも人間、大なり小なり迷惑はかけてます。

ナースだって迷惑かけてる人いくらでもいるでしょう。

主任介護士だって迷惑かけてるかもしれません。

私だって、存在してるだけで、毎日肉食べてますからね。ということは、動物さんの誰かが死んでるのです。迷惑かけてますよね。

お互い様なんですよ。

一番の迷惑は、

一人で勝手に私はダメな人間と言って自己否定に走ること!

そして、人の話も聞かない、認めない、でもだって・・が口癖!

これが一番困るのです。

基本的に介護現場に来てくれた人には、みなさん、残ってほしいと思ってます。

成長してほしいと思ってます。

それだけ、あなたの手がほしいのです。

あんがい発達障害あっても、なんとかなるところかもしれません。

施設にもよるのですが、人間関係が良さそうなあれば、そこで頑張ればよいのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする