タイピングは体調のバロメーターチェック。ミスが多いのもADHDな特徴ですね。

この記事は最終更新から1年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。
元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。
スポンサーリンク

誤字脱字が多いのもADHDの特徴なのだ

私は相変わらずタイプミス多いんですよねー。誤字脱字が多いのです。

正式な文書では、何度も見直しますけど、ブログですと、一回でザーーーっと書きます。

思いついたことをザーーと書いて、あとからちょこちょこ修正してたりします。

そこでいろんな誤字脱字を見つけるのです。><

一気に記事書いてUPしたのに、あとから修正をし直すってのも、ある意味特徴の一つなんですよね。

まぁしょうがない。この癖はなおしようもない。

ですがこれでも私、パソコン歴20年です。普通の人ならタイピング早いはずです。

でも私はたいしてパソコンタイピングスキル上達してないのです。

いつもつっかかりながら打ちます。ずーーっとそうなのです。

スムーズに一発でタイプできたことがないのです。><

これは、後々になってわかったのですが、発達凸凹人ですと、タイプミスはよくあるようですね。

あるADHD・ASDな方は、朝一のタイピングの状態によって、一日の体調を把握してたりします。

ミスが多いと脳の動きが不十分。ミスが少ないと好調!みたいなね。

また別な方から教わったのですが、ツムツムというスマホゲームで、体調バロメーターチェックをしてる方もいます。こちらもADHD・ASDな方から教わりました。

手先の動きと脳の動き、連動してますからね。

なので私もタイピングの状況と、ツムツムというゲームをやって、体調チェックしてるのです。

ゲームもタイピングも、体調のバロメーターなのです。^^

今日は・・・。まぁいつもと変りないです。昨日集中しすぎて夕方ダウンしたのですが、ずっと寝てたので回復したようです♪

今日は完成の日です♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする