アスペルガーやADHDの毒舌は本質をついてるからぐさりと来るだけ

この記事は最終更新から2年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。
元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

アスペルガーやADHDは毒舌と言われてます。

裏を返すと、物事の本質を見極める力が優れてるのでしょう。

思ったこと気づいたことを言ってるだけなのですが、健常者からすると

「毒舌すぎる」

と言われてしまうこともしばしばあります。

時としてその毒舌が原因で、人から嫌われることもよくあります。

ADHDであれば、コミュニケーション障害はなく、空気も読めるので、言ってしまった後、その場の状況を察知して、フォローなり取り繕うことはできます。

けれど、アスペルガーな人の場合。

空気を読むことも、相手の気持ちを読むことができません。

状況察知が苦手なため、「いったい私の何がいけないの?」「何かしら?」となりがちです。

言いっぱなしで、フォローもないので、アスペルガーはちょっと人から嫌われやすいこともあるのです。

スポンサーリンク

自分が見たくないブラックな心をあぶりだされてるだけ

アスペルガーやADHDは毒舌というのは、ある意味定番です。

ですがその毒舌と言うのは、定型発達の人からすると

「自分が見たくない・隠しておいたブラックな心をあぶりだされる」

ことを言われてるので、傷つくのでしょう。

・潜在意識の奥深くに隠してたもの・傷
・自分の欠点など見ないふりして蓋をしてきたこと
・気持ちに偽りがあること

などなどを抱えていれば、相手から関連することを言われることで、ぐさりと心に刺さります。

逆に、何も抱えてるものがなければ、傷つくことも、不快に思うこともないのです。

アスペルガーあたりから毒舌をはかれまくって、傷ついてる・・と思うなら。

ある意味言われた人はチャンスです。

そのまま素直に受け入れてください。

自分の心の中を素直に見つめてください。

そして、自分の心の奥深くに隠してきた、毒・膿を今はき出すのです。

心の奥深くに眠っている毒や膿は、あなたにとっては、闇なはずです。

闇は不要ですよね。

特にこれからの時代、地球自体も次元上昇していかなければなりません。

次元上昇するには、人間の体を軽くする必要があります。

「上昇」っていうくらいですから、軽くしないと上にいけませんよね。

人間の身も心もきれいにして、どす黒いブラックな心をクリーンにしていく必要があるのです。

と急にスピリチャル的な視点から書いてますが、

人間が抱えているどす黒い闇をあぶりだす役目が、発達障害者にあるのでは?と私は考えているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする