ネガティブなアスペルガー人は不幸が起こりやすい。でも幸せになる方法もあるよ

元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

アスペルガー人は不幸が起こりやすいです。

普段からネガティブなことばかり言うからです。

人を批判したり自分に対してもネガティブになったり。

言葉って想像以上に大事です。

人生は言葉の通りになると言うからです。

普段の口癖や言葉が、人生を決めるのです。

なのでヤベーとかついてないって言ってると、本当にその通りのことが起こるのです。

アスペルガー人は変な言葉使ってる人、多くないですか。

ヤベーとかクソーとかついてないとか。

これ言ってるうちは、幸せにもなれないのです。

ではどうすればよいのか?

言霊療法を活用します。

アスペルガー人にも言霊療法は効果あります。

やり方は簡単です。

毎日よい言葉をぶつぶつ唱えるのです。

ツイテルツイテル・・。

ありがとうありがとう・・。

聞いたことある人もいると思いますけど。

良い言葉を毎日100回は言うのです。

単語法とも言いますが、とにかく良い言葉を毎日ぶつぶつ言えばよいのです。

ついてる

ありがとう

感謝します

許します

幸せです

豊だなぁ

楽しいなぁ

こんな感じの言葉をつぶやいていれば、習慣化されます。

潜在意識も良い言葉で満たされるので、内面意識も変わってくるのです。

3か月で変わる人もいれば、1年かかったり、3年かかる人もいます。

なんせアスペルガー人は、根がもともとネガティブなので、時間がかかるのです。

でも、これらの言葉を普段から言えるようになると、良いことが起こります。

良いことというのは、宝くじが当たったとかではないですよ。

考え方の変化とでも言うかな。

日々のちょっとしたことにでも、感謝できるようになるのです。

それに聞いてる側も気分が良いですよね。

なので人間関係も好転するのです。

でも、アスペルガー人って、気を抜くと、間違って否定語をよく言ってしまうと思うんですね。

アスペルガー人は、普段からネガティブ言葉を言ってますので、

つい、くそーとかヤベーとかむかつくとか、言ってしまうのです。

これ言ったら、今まで良い言葉を言ってたのも、一瞬で帳消しになってしまいます。

なので言ってしまったら、10秒以内に、

「今のはなしなし!ありがとうありがとう・・」

こんな感じでいったん否定して、良い言葉をぶつぶつ言いなおすのです。

良い言葉を一定回数以上言っていくと、潜在意識にも伝わります。

なので人生も好転してくるんですね。

だまされたと思ってやってみてくださいね。

アスペルガー人でも効果はあります。

あ、重度のアスペルガー人はわかりませんけど。

私もこれで、うつも治りましたし、人生も好転していきました。

ウソみたいな話ですが本当です。

私も、ネガティブで批判的な思考だったのが、薄まっていったのです。

他には、アファメーションを言うというやり方もあります。

でも、アファメーションは長すぎて、ちょっと無理という人もいます。

なのでこの単語法を使って、潜在意識を良い言葉だらけにしたのです。

やり方はいろいろあるので、自分に合ったものを使えばよいですけどね。

人生好転させたい人は、言葉を変えてみるとよいのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする