発達障害な人は笑顔の訓練を寝る前3分間行おう!人に良い印象を与えるためにも・・

元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

こんにちは、エムです。

発達障害人は、顔の表情が基本的に怖い人多いです。

ムスっとしてるつもりはないけれど、でも顔がいつもムスっとしてるのです。

  • 機嫌が悪そう
  • すぐ顔に出る
  • むすくれてる

あなたもいろいろ言われたことがあると思います。

スポンサードリンク

でも、普通人と比べても顔がマジで怖いのです。

なので意識して笑顔を作るのです。

毎晩寝る前3分でいいので、口角を上げる練習をしましょう。

口角を上げれば笑顔になります。目も自然と優しい感じになります。

笑顔も練習が必要なんですね。毎日練習すればあなたも自然と笑顔になりますよ。

かくいう私も、気を抜いてると口がへの字になってることもあります。

変顔ムスクレおばさんですね。><

毎日母から注意をされていたので、今私も、一生懸命口角を上げる練習をしてるのです。

家族ってありがたいと思いましたね。

友達や取引先の人が見たら、きっとエムは不機嫌だから離れようか・・ってなったかもしれません。><

母よありがとう。。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする