アスペルガー人は「ありがとう」という言葉を言えるだけで人間関係はかなりマシになる

元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

アスペルガー人は、人間関係の構築ができません。

コミュニケーション障害があるからですが、その一つに、基本的な挨拶ができないということもあります。

たとえば、人からしてもらった親切に対して「ありがとう」も言わなければ、食事をおごってもらっても、「ありがとう」や「ごちそうさまでした」の一言を言えないアスペルガーも多いようです。

もちろん、ちゃんと言う人もいるんだけどね。

でも、やって当たり前と思っているのか?

そんなこと頼んだ覚えないから、ありがとうを言わなくてもよいと思ってるのか。

わかりませんが、当たり前な感謝の言葉を返すことができない人が多いのです。

一言「ありがとうございます」って言えれば、人間関係円滑になるんだけどね。

馬鹿の一つ覚えとして、覚えておいても損はありません。

人間社会に溶け込もうと思ったら、挨拶は必須です。

そこを欠いてしまうから相手から嫌われるのです。

かつての知り合いのアスペルガー人は、こんなことで悩んでた人いました。

・急に知人と連絡が取れなくなった

・無視されてる

・LINE既読にならない!?…etc.

「私は何もしてないのに、ある日突然、友達から無視されてるんです!」

と相談されたのです。

いえいえ、おねえさん。十分普段からやらかしてるはずですよ。

あなたの普段の失礼な振る舞いが、積もりに積もって、最後縁を切られたのですよ。

これを言っても、重度のアスペルガーさんには、まだ通じないと思ったので、言いませんでしたけど。

アスペルガー人は、とことん嫌われる生活を送って、どうして人から嫌われるのかということを、身に染みて理解したほうがよさそうです。

じゃないと改善工夫すらもできませんから。

(IQが低い系ですと、それすらも気づけないかもしれませんが)

人と円滑なコミュニケーションを取りたい場合は、せめて「ありがとう」くらいは言えるようになりましょう。

これがコミュニケーションのすべてとは言いませんが、多少今よりもマシになるはずです。

ありがとう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする