発達障害者は婚活パーティー参加時に告知しないといけないのか?

元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

こんにちは。エムです。

発達障害な人も婚活パーティーに行って、誰かと出会いたいですよね。

でも結婚目的となると、はじめから発達障害のこと告知しないとダメかしら?と気になるところです。

通常の恋愛ではなく、双方結婚を目的に集まったパーティーだからです。

これは告知した方がよいのか、しなくてもよいのかは、正直私にもわかりません。

発達障害のことを言ったところで、「あら、そう」で終わることもあれば、「発達凸凹人とはお付き合いできない」という人もいます。

でも、告知のこと、気になる人は気になるんでしょうね。そういう性分なのです。気のすむまで悩んでください。笑

私的には、はじめから「伝えちゃえば」と思います。

「私は発達凸凹人です。こんな特性持ってます

でもこんな〇〇良いところもあるから安心してください」

こんな感じで言っちゃえばいいのです。

それに、告知した方が早いでしょう。結果が出るの。

発達凸凹人は嫌ですという人と、無駄な時間を過ごさなくてもよいわけです。

なので私なら、はじめに伝えるかなぁと思うのです。

それに遠い知り合いにいたんですよ、こんなカップルが。

スポンサードリンク

結婚直前に「発達障害ある」と告知したら、結婚が破談になったという例がね。

こちらもお見合いパーティーで出会ったカップルだったのですが、伝えるタイミングを逃してたらしいのです。

で、結婚の話を進め最後の最後で伝えたら、「ありえない!」となりましてね。

子供産むとなると遺伝の問題もあるでしょ。

自分の子供が大丈夫だったとしても、隔世遺伝とかもあるからね。

それ心配して結婚取りやめになったようなのです。

告知された側にしてみたら「詐欺にあった」と思ったことでしょう。

言った側もすごく勇気を持ったかもしれません。

悲しい出来事ですよね。

でもこれはしょうがないのですよ。

単にご縁がなかったということで、サッと次行けばいいのです。

でも、このような話をすると発達障害な人たちって、

「障害で判断する人間はお断り」

「そんな人間と結婚しないでよかったね」

などなどのコメントが返ってきます。

相手のことを批判してるわけですから、結局同類項なんですけどね。

断った相手だって苦渋の決断だったと思いますよ。

また、どこかおかしいなぁって思いながら付き合ってたかもしれません。

でも結婚のことがあったからちょっと目をつぶってたけども、告知されて確信を持ってしまったのでしょう。

黙って結婚したとしても、遅かれ早かれ離婚してたかもしれません。なので結婚しないでよかったのかもしれないのです。

うん。発達凸凹人じゃダメっていう人もいるから次行こう。

ちなみに。。

私もお見合いパーティーには行ったことがあります。10年以上前ですので古いですね。

でも身分証明書なしのところでしたので、遊び人が多かった気がします。あとITベンチャー企業の役員とか社長ばかりでね。

あれ?お見合いパーティーってのと、婚活パーティーって違うのかな?

私あまりその手のものに興味がないので、よくわかりません。

偵察がてらに今度行ってみようかなぁ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする