大人のADHDってどんな症状?

この記事は最終更新から2年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。
元うつでADHD風味満載というのが最近わかりましたがかなり緩解しております。発達障害者100人以上接してきて、思ったこと感じたこと自由に書いてます。専門的知識は、各良書または身近な当事者に話を聞いて理解することをおすすめします。発達障害者100人いれば100人とも特性や困りごとは違います。ここに書かれていることは、あくまでも私の体験談となります。

●大人のADHDってどんな症状?

ADHDとは不注意、他動性(落ち着きのなさ)、衝動性(待つのが苦手)を特徴とする障害です。

落ち着きがなく、やるべきことができない、計画的に行動できない、せっかちで衝動的に反応してしまうなどの症状が見られます。

・不注意が目立つ不注意優勢型

・多動・衝動性が目立つ多動・衝動性優勢型

・いずれもが目立つ混合型

この3種類があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする